夏休み、もう取られた方はどのように過ごされましたか?

私は日本三大花火大会のひとつ、

長岡花火、正式名称『長岡まつり大花火大会』を見てきました。

長い歴史を持つ長岡花火ですが、この大会は空襲で焼けた街、亡くなった方への鎮魂慰霊の花火大会です。

お祭り前夜祭の8月1日午後10時半は73年前、長岡の街が空襲された時間です。

その同じ時間に上がる3発の白一色だけの花火は『慰霊と平和への祈り』と名付けられた花火です。

2日、3日の花火大会でも最初に上がるのはこの花火です。

まだ明るさが残る夜空に広がる白色が心に沁みます。

2日間で2万発上がりますが、数よりは中身!

平原綾香さんの名曲『ジュピター』とシンクロして上がるのは、

中越地震からの復興を願う大スターマイン『フェニックス』。

このスターマインもすっかり長岡花火の名物になりました。

打ち上げ幅は2キロにもおよびます。

華やかでダイナミック!

復興への願いが込められていると思うと思わず正座して見てしまいました。

 

フェニックスも素晴らしいのですが、

一番長岡花火らしいのはやっぱり、

正三尺玉。

1回目の8時半の打ち上げでは3発連続。

2回目はフィナーレの9時に1発。

これぞ花火の王様!

音も大音量でお腹にズシンと響きます。

これでこそ三尺玉と、

満足して終わる事が出来ます。

 

実に30年振りの長岡の花火。

次は30年後なんてならないように、

また、早目に予定しておこうと思います。

 

最後までお付き合い頂きありがとうございます。

また、次回!