珍しい光景に遭遇したと言うか体験をしました。

先日訪ねた滋賀県大津市にある三井寺でのこと。

かつての都、大津京。

歴史ある名刹見学に神妙な気持ちでお寺に入場すると、あれ?

地元の方々の集まりがあるのかな。

image

 

 

 

 

 

 

 

 

両側に仁王像を配した重要文化財の大門から続々と入ってゆくご近所さん風の方たち。

子どもからおじいちゃんおばあちゃんまでお寺に集まって来ています。

受付の方から、「今日は消防訓練の日」です、とのこと。

え? 今日?では見学出来きないのかしら?とひるんでいると、

「本堂から仏具などを運び出し、本堂前では消防車が放水し消火活動をします。是非ご見学ください。」とのお誘い。

確かにめったに見られないかも。

要するに避難訓練ですよね。

 

そうか、消防避難訓練はなにも学校や会社だけではないのか。

歴史ある建造物のほとんどは木造。

書画も紙。

火事には滅法弱いではないですか。

 

しかも三井寺はいたる所に国宝だの重文だの収められています。

これは見学させていただこう!

 

地元の参加者と消防団の方々に混じり見学させていただきました。

 

立派な本堂。

image

 

 

 

 

 

 

 

 

出火の発令とともに非難する地元のお客さま役の方々。

運び出される、歴史ある仏具。

 

おそらく実際火事の時には敷かれないと思われる本堂への絨毯より避難image

 

 

 

 

 

 

 

 

本堂の消火は大きな消防車が本堂前まで乗付け放水。

image

 

 

 

 

 

 

 

あ~、国宝の本堂がぬれちゃう~。

でも建物だからぬれるのは当たり前ですね、普段も雨降りますし…

本堂前広場ではあらかじめ設置された目標物にむかって消火器で地元の方とお寺のスタッフによる消火活動。

 

この間およそ15分から20分。

 

出動した消防車4台。

高所救出車1台。

パトカー1台。

ドローン(!)1基。

image

 

 

 

 

 

 

 

 

消防隊総勢30名。

地元住民参加者およそ30名。

お寺の方20名程。

 

消火車、消防隊等によりすべて鎮火された報告がアナウンスされました。

 

大規模な避難訓練でした。

image

 

 

 

 

 

 

 

 

お寺は階段や段差だらけです。

避難者も大変ですが消防車の進入経路とか難しそうですね。

文化財は所有者がいても共有の財産。

護る方は大変なご苦労があることでしょう。

image

 

 

 

 

 

大津市は、京都市、奈良市につぎ重要文化財所有数第3位だそうです。

 

皆様気を引き締めての訓練でした。

 

各署からの報告のあと消防署長による講評。

そして最後に挨拶されたのは女性市長歴代最年少で当選し昨年秋に再選された越直美市長。

image

 

 

 

 

 

 

 

 

作業着、ヘルメット姿もいつもとは違う印象。

寒い中活動をずっと注視。

市長職にありお若いとはいえ、この寒さで冷えないかしら…

私はすっかり冷えてしまいました。

貴重な体験は寒さも伴いますね~

 

でも、

私のお肌は元気でしたよ!

 

冬はクリームなどでリッチな潤いが欲しいところですが、

私は普段のお手入れでPCCプレミアムエッセンスFの時差投入をします。

Web

 

 

 

 

 

 

 

 

一度つけたあと、しっかりしみこんだと実感するまでハンドプレスします。

そしてそれを何回か繰り返します。

時間がないときは2回、

時にはテレビを見ながら5、6回繰り返します。

そんな時も冬は多々。

 

直実に春に向かっているとはいえ、

寒い日に逆戻りの時もあります。

 

季節の変わり目、

体調とともにお肌もしっかりケアしましょうね。

 

最後までお付き合いくださってありがとうございます。

 

また次回!