10月31日はハロウィーン、日本語では万聖節と言われています。

11月1日の「全ての聖人を讃えるお祝の日」のイヴに当たります。

そもそもは古代ケルト系民族を起源とするキリスト教の祭事でした。

ケルト人は10月31日を一年の最後の日、大晦日としました。
その日に死者の霊が家族を訪れたり悪霊は子供をさらったり作物や家畜を荒らす日でした。

そんなこの行事を一番盛大に祝うのはやっぱりアメリカでしょうね。

ハロウィーンのカラ―、オレンジと黒のデコレーションで街や家々は飾り付けられます。

かぼちゃのくりぬきのJack-o’-lanternと言う提灯の様なもの、ガイコツ、クモ、クモの巣、黒猫も様々にディスプレイされます。

image

夜になると子供たちが近所の家を訪ねお菓子をもらいます。
「Trick or treat」と叫びドアをノックします。
お菓子をくれないといたずらしちゃうぞと言う意味ですね。

悪霊を追い払うため、お菓子などの食べ物を与えるというまさに子供が主役にぴったりなイベントであることから、アメリカで急速に広まったのだと思います。

日本でも祝われるようになったのはここ10年位じゃないでしょうか。
なんと新3大イベントと言われているとか。

私にとっての年中行事で3大イベントと言えば、

①正月

②お盆

③年末
と言うまさにTheにっぽん。

これは時代と共にどんどん変わっていくとか。
今の新3大イベントは

①イースター

②ハロウィーン

③ボジョレヌーボー

なのだそうです。
そう聞いた時、
ひぇぇぇ~~~
と叫びそうになった私。
この3つ、すべて最近のイベントじゃあないですか!
①、②、③全部欧米の行事じゃないの、とびっくりです。

しかし、③は別として①、②を子供時代に経験済みの子ってまわりにいました、確かに…

あ~こんなに時代は変わったんだ。

ショックを受けた私。

確かに私もハロウィーンを祝います!
このような形で。
image

我が家にお菓子をもらいに来る子供もいないので、かぼちゃとお花のアレンジで参加。

でも、正式には31日だから、もしかしたら近所の子供がやってくるかも。

お菓子用意しておいた方が良いかしら。

3大イベントになっているならもしかしら今年は…

急に気になって来ました。

皆さんどうされてますか。

機会があったらしりた~い。

ではまた次回!