日本は勿論、東洋有数の湧水量を誇る静岡県清水町の柿田川湧水。
その湧水量は1日に100万トン。

100万トン?

想像出来ませんが周辺住民の生活用水から新幹線への供給をしても余る量だそうです。
量だけではなくその水質も富士山の伏流水だけに、名水100選にも選ばれているほどです。

この柿田川は「湧き間」と呼ばれる湧水源から湧き出しています。

image
第一展望台から見下ろした所で中央に丸く見えるところから水が湧きあがっています。

このような「湧き間」がいくつもあるのです。

image[3]
こちらは第2展望台。見えにくいかもしれませんが、乾いているところと水の境界から沁み出る様に湧き出ています。
この後はこんな美しい流れになります。

image[4]

この美しい湧き間があるのが柿田川公園。
国道1号線のすぐ隣にあり、とてもアクセスが良いのです。

この清流を守るため湧き間がある一帯は保護されています。
美しい散歩道がある公園ですが、犬の立ち入りは禁止されています。
さらに付近の土地も買い入れ水質を保護するため今なお購入資金を集めています。

公園で資金集めのために売られているタオルハンカチです。

image(14)

やはり環境を意識しています。
お肌に、健康に良いトルマリン入りのタオルハンカチです。

image(16)
公園にやって来るヤマセミの刺しゅう入りです。
やっぱり応援のため買いたくなります。

住民の力でここまで美しい清流が蘇ったと聞くと以前の汚染された川が想像出来ないほどです。
私が訪ねた日も、何十年も活動しているボランティアさんが解説してくださりその経緯を聴くことが出来ました。

汚してしまうのも人間ですが、元に戻そうとするのも人間。
不思議な生き物ですね、人間って。
活動なさっている方の夢は世界遺産登録だそうです。

美しい流れを見させて頂くことが出来て感謝です。
心も浄化された様な清々しいい気持になりました。

風邪が流行っています、お身体を大切に。
台風も近づいていますね、皆さま充分にお気を付け下さい。

お読み下さってありがとうございます。