3日目は午後から台北市の北西にある街、淡水に行って来ました。

ここはオランダをはじめとする外国の統治の影響を街に色濃く残しています。

また夕日が美しい街としても有名ですね、だからカップルが多いのか~。

ランチは普通にイタリアン。

台湾料理は本当に美味しい。

でも、たまに別の物もはさむとリフレッシュ出来て良いですね。

サラダにパスタにデザート。

これはバナナチョコレートケーキ。

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはりあまり甘くなくすっきりと頂けました。

 

その後しばし淡水観光に。

今回淡水に行ったのは台湾の知人の別荘がこの街にあったから。

別荘になさっているマンションでお茶をごちそうになりました。

窓の外からは台湾海峡に通じる川が海に流れていく様子も、

美しい夕日とともに眺めることが出来るロケーションもバッチリなゴージャスなお宅でした。

image

 

 

 

 

 

 

 

そこでまたまた、ティータイム。

テーブルの上には数々のお菓子が。

 

image

 

 

 

 

 

 

ベルフルーツとも呼ばれる台湾の蓮霧(レンウー)。

形がベル(鐘)に似ているのでついた名前。

シャリシャリして爽やかな食感とお味です。

野菜に近い果物と言う印象です。

パイナップルケーキの食べ比べ用盛り合わせ。

ゆでピーナッツも美味しかった。

 

この日台湾最後の夜となったディナー。

豪華に世界貿易センター最上階の中華レストランに。

数々の贅をつくしたお料理の後は、そう、デザート!

杏仁豆腐、アーモンドパイ、フルーツ。

image

 

 

 

 

 

 

image

 

 

 

 

 

 

 

image

 

 

 

 

 

 

 

と普通に見えますが、どれも絶品。

この杏仁豆腐、普段私が頂いているのも充分美味しいと思って食べているのですが、

これは別物。

本当に杏仁豆腐ですか?と聞き返すくらい。

味と食感が全然…

 

「本来はこういうものです。」とは連れて行って下さった台湾の方の弁。

そうだったのか。

今までのは一体…

 

最後はお土産編。

モチロンと言って良い台湾土産の定番、

パイナップルケーキ。

あまりにもいろいろなメーカーさんやお店が出していて選びきれない程。

お勧めを見ても聞いてもそれぞれ好みも違うし、そしてみんな大外れなく美味しいのです。

何種類も食べているともはや選択不可能。

なら、自分(の舌)を信じて選びましょう。

と言うことで一昨年出来た日本のオークラホテルのパティスリー『ナイン』のパイナップルケーキに決めました。

特徴はお味がさっぱりと洗練されていること。

これなら初めて食べる方でも頂きやすいかな。

そして何より、パッケージがものすごく可愛い。

同様に同じお店で売られているこれまた台湾名物「ヌガー」牛乳糖も可愛らしいパッケージでお土産に購入。

 

台湾にはとっても美味しいチョコレートがあります。

以前は日本でも輸入している会社があり手に入ったのですが、

今はもう取り扱っていないとのこと。

そこで、台湾に行ったなら是非手に入れようと取り扱っているデパートまで行ってきました。

ディーバライフというチョコレートのお店です。

image

 

 

 

 

 

 

 

image

 

 

 

 

 

 

 

こちらのトリュフチョコレートが美味しい!

 

でも保存方は要冷蔵。

購入直後はホテルの部屋の冷蔵庫に入れておき帰国時は保冷剤で四方を固めスールケースへの中へと。

良かった~。

冬で。

 

最後は、これも要冷蔵の(涙)キャロットケーキ。

image

 

 

 

 

 

 

 

スイーツではありませんが、

大根餅とも呼ばれる小麦粉と大根をベースに作られた飲茶の定番の1品。

これ1本まるまる買ってきました。

image

 

 

 

 

 

 

 

いつもスライスしたものしか見たことなかったので、

原型がこんな風になっていたなんて…

ちょっとびっくりしながらも重量感ある頼もしいお姿に、

これならお正月親戚が集まった時みんなで食べられる!

と購入。

長さが20㎝はあるから1.5cm位にスライスしても15枚以上は作れる!

やっぱりつけて食べるお醤油も台湾の物でなければと食料品店で台湾のお醤油も購入。

image

 

 

 

 

 

 

 

お陰様で、大好評。

 

どうも食中心になりがちな私の旅ですが、

決して食べてばかり(近いものはありますが)だったわけではありません。

と言うことをあえて申し添えさせて頂きます(ほぼ言い訳)。

 

長々とお付き合いくださってありがとうございます。

これで台湾旅行スイーツ編終了です。

 

また次回!