年末に台湾旅行に行って来ました。

10年ぶりくらいでしょうか。

日本でもテレビをつけると毎日のように台湾が紹介されていて、

人気の訪問地であることがわかります。

街もすっかりきれいになって(失礼)地下鉄も充実しおしゃれなカフェや雑貨も沢山ありました。

お店に並ぶファッションもデザイナーのセンスがさく裂!の自由な発想のアイテムも多く、

ウインドショッピングが楽しい!

そして食べ物の美味しさは格別。

食いしん坊の私ですから「食」には大いに関心があります。

滞在中に食べたスイーツ、ご紹介します。

日本にも出店しているかき氷屋さん。

一番人気はマンゴーなのですが、

行ったときは既に夜10時過ぎだったためマンゴーは売り切れ、残念。

その代り、

イチゴかき氷、コーヒーかき氷を頂きました。

image

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特許を取っているかき氷器から削られて出てくるフレーバー付の氷は滑らか。

ふわっととろけるような食感は、かき氷と言うよりジェラートのような感触でした。

お店の前で売られているハート型のアイスキャンディー。

image

 

 

 

 

 

 

 

カラフルでした。

台湾は常夏と思われてしまいますが、北部の台北などは意外と四季がはっきりしていて冬は結構寒いです。

私が訪れた年末も気温は15℃~18℃位。

この気温の中で頂いた冷えたかき氷の後は温か~い、お汁粉。

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タピオカで作ったお餅が入っていて甘すぎないほっこりした美味しさ、同じお店で頂けます。

 

「千と千尋の神隠し」で出てくる街のイメージとなった街、九份。

そのうねうねした山沿いのショッピングストリートで売っていた「ピーナッツアイスクリーム」。

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クレープの生地のような物の上に砕いたピーナッツを敷き、その上にアイスクリームを2つのせて巻き込んだものです。

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見かけは春巻。

手でつかんでワッシと食べます。

これも素朴な美味しさ。

 

歩き疲れてお茶タイムです。

台湾は素敵な茶芸館が沢山あります。

そこで呈されるお茶とお菓子で台湾スタイルで一休み。

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お菓子はパイナップルケーキとドライフルーツの盛り合わせ。

ドライフルーツはマンゴー、パイナップル、龍眼、グアバ、山バナナなどなど。

香り高い高山凍頂茶と一緒に。

image

 

 

 

 

 

 

 

 

その晩、台北に戻って来て行った台湾料理のデザートとして頂いたゴマ団子。

image

 

 

 

 

 

 

 

出来立てなのでトロトロでした~。

ゴマの香りも風味も優しいマイルドなお味、好みです。

ここまでが2日目の夜までに頂いたスイーツの数々。

どれもナチュラルでさっぱりした甘味のお菓子です。

しかし、このナチュラルさがまだいける!

とまたひとつまたひとつ…

怖い、でも食べたい。

と普段は葛藤するところですが、せっかくの旅行ですもの。

いっただっきま~す!

と毎回ぺろり。

あ~スイーツ好きには、いやスイース好きでなくとも癖になる習慣です。

 

続きはまた!