私がお話をうかがう女性は、
「皮膚が薄いんですよ」
とおっしゃる方が大勢います。

顔の皮膚の暑さは0.2mmという薄さ。
一般的に言う皮膚とは真皮から始まり表皮までの間のこと。

皮膚が薄いと、
乾燥する。
小じわが出来やすい。
化粧のノリが悪いなどなど。

悩まされますね。

実際にお肌を厚くすることは短期では難しいとしても、
お悩みに対しての対策はあります。

自分の努力で皮膚を厚くつくり上げましょう!

先ずは厚つ肌つくり上げ対策1。

皮膚の中の角質層と呼ばれている部分。
この層は水分を含ませる事が出来ます。
お風呂上がりにお肌がもっちりふっくらするのは、
角質層がお風呂の水蒸気を取り込む為です。

このお風呂上がりもっちり肌を最大に潤った時とします。
この潤った感をバロメーターとして保湿感Maxのイメージを持っておきます。

でもでも、
どうせ潤わせるならお風呂の水蒸気じゃなくてもって良い物を入れたい!!
というわけで入浴時に洗顔して、その後湯船につかりながら保湿ケアします。

私は湯船では保湿ケアアイテム
PCCプレミアムエッセンスをハンドプレスでしっかり入れ込みます。
結果的にかなりの量が入ることになり自分のお肌の保湿力に驚かされます。
これでだいぶお肌の厚みが増しているはずです。
いつもの湯上りとは違う美肌、厚肌がここで生まれます。
とっ~てもお肌がふっくらしますよ~。

私は少しお風呂でゆっくりしたい時、リラックス効果も含めて丁寧にケアをします。
柔らかくなったお肌に沁み込んで行くのがわかります。
と同時に乾燥していたんだなぁ、と確認出来てしまいます。

ふっくらしたそのお肌、
そこで大切なのがその後の最終保湿ケアです。
お風呂から出て水分が蒸発し、お肌が収縮する前にしっかりクリーム等でフタをするのをお忘れなく。
タイミングを逃さない丁寧なケアは翌朝の肌の状態を大きく左右します。

実はこの状態でお化粧すると皮膚が薄い方でも化粧ノリがかなり良いはずです。
でも夜のスキンケアはそのままお休みなさいとなってしまうので、

お化粧のノリが悪いと感じている薄肌さんは
お化粧前にもう一度同じ状態に近づくようにつくり上げましょう!

厚つ肌つくり上げ対策

スキンケアで厚みをつくりましょう。

今私の手元にあるのは、
PCCプレミアムエッセンス
Essence

PCCプレミアムクリーム
bio-0004

この2つです。

この2つと「あるもの」を使います。

エッセンス+「あるもの」を混ぜます。
それを3回繰り返しお顔に。

最後に、
クリーム+「あるもの」を混ぜお顔に。
これは1回で充分。

これで完了です。
エッセンスに混ぜた「あるもの」と、
クリームに混ぜた「あるもの」は同じものです。

いつものスキンケアだけではなくお肌に厚みをつくりたい時。
その「あるもの」が抜群に効力を発揮します。

お化粧品を厚塗りしなくても、
スキンケアで整った肌状態をつくりだせば、
通常のお化粧で充分ナチュラルでありながら美しいと思えるお肌がつくり出せます。

お肌は正直にその時の身体の状態をあらまします。
いつもいつもBestの状態を保つのは難しいです。

でも、対策やテクニックをしっていれば少しでも実際よりプラスα良い状態をつくり出す事が出来ます。

「あるもの」ただ今開発中です!

是非みなさまにも、お使い頂ける様にしたいと思っています。
だって利用価値大なんですもの!

最後までお読み下さってありがとうございます。
また次回!