8月にも書きましたが、もう一度ビタミンCについて触れてみます。

化粧品や食品の成分表には「ビタミンC」とは表記されません。
化粧品の場合には日本化粧品工業連合会が定めた成分表示名であらわされます。
ビタミンCと言うのは総称であり通称になります。

ビタミンCが入っているか確認するには「アスコルビル酸」と言う名称が入っているか見ます。
私たちのPCCプレミアムエッセンス↓には、
PCC-Premium-Essence3

このアスコルビル酸が「リン酸アスコルビル酸Mg」という名前で入っています。
ビタミンC誘導体とも呼ばれています。
ビタミンは単体で身体に取り入れたりお肌につけても酵素や紫外線などで酸化しやすく摂取しても効果的に働きにくくなります。
その為アスコルビル酸にリン酸を結合させることにより体内に入ったあともリン酸酵素で分解(酸化)されてもリン酸部分だけが分解され、アスコルビル酸(ビタミンC)は残りその役目を果たします。
誘導体と呼ばれるのはその為です。
効果を発揮する段階まで辿り着くようにリン酸がビタミンCを保護していると考えると分かりやすいと思います。

リン酸型はこの様な理由でとても安定した成分で使用するまで効果が衰えにくくなっています。
しかも水溶性ですからエッセンスなどのリキッドタイプの化粧品に多く使われています。
ビタミンCは、
1.出来てしまったシミなどの原因のメラニンを無色化する働き。
2.コラーゲンを生成するのを助ける働き。
これらの働きによってシミ、タルミの軽減、シワの予防、ニキビ肌の改善、毛穴を引き締める効果が期待出来ます。

こう聞くと絶対に取らなければ!と思いますでしょう。

夏の間は摂取を心がけますが、太陽の日差しが弱くなった冬、この時期は日焼け対策を怠りがちです。
身体とお肌の為に積極的に取りましょうに野菜を。
冬の野菜にも含まれていますビタミンC。
ブロッコリー、キャベツ、芽キャベツや大根もです。
そしてお肌にはビタミンC入り「PCCプレミアムエッセンス」を、是非!お使い下さい。

最後までお読み下さってありがとうございます。