本格的な夏の前の梅雨の雨上がりをイメージしてアレンジしてみました。

image

 

 

 

 

 

 

 

 

紫陽花が美くしい時期です。

メインに使ったのはロリポップと言う種類の紫陽花です。

image

 

 

 

 

 

 

 

 

ピンクとグリーンが混ぜ合わさってとても柔らかい風合いの色です。

もともと日本が原産の紫陽花ですが、ヨーロッパに渡り球状の花に改良されました。

私たちがよく見かけるものの多くはヨーローッパで改良されて日本に逆輸入されてきた品種の様です。

日本の紫陽花は額紫陽花(ガクアジサイ)と言って、平面的に平らに花がつくタイプです。

1つのお花のバリエーションの多さにはびっくりしますが、紫陽花も色、形とも増えて凄いですね。

こんな色合わせが紫陽花で楽しめるのか~どこから来たのかしら?と思ってしまいます。

大きな紫陽花は単体で飾っても十分にボリュームがあり、むしろ単体で飾った方が無難に絵になります。

ドライフラワーにすればアンティークな雰囲気が一層引き立ちおしゃれになりますしね。

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんと一昨年ドライにした紫陽花です。

 

さて今回使ったお花たちです。

紫陽花のロリポップ、カラーのワイン色とピカソ、ブロンズのフロックス、玉咲りんどう、手まり草、チョコレートコスモス、ゼラニウムスノーフレークス、ポリゴナム、オカ虎の尾、満天星つつじ、ワイルドオーツ。

 

お花の種類が沢山揃う今の季節は花選びが本当に楽しいです。

 

また次回!